<要点の抜粋>

・考えたら寝かせる時間が必要 

・寝かせることでアイデアが熟成される 

役割で線引きをしない 

・タスクはすぐ行動着手 

・相手が喜ぶことは何なのかを考える 

・人の話に耳を傾ける 

・選択肢は3つ与える 

敵を作らない 

こだわりの成功するための儀式を作る 

・スタートアップは予測が難しい、不確実 

・保証はないし結果責任を問うべきではない失敗を避けることはできない 

・複数のことを、色々な機能をやる時間はない。一つのことに全力投球すべき。 

・必要なものを作る。時間もリソースも限られている 

・顧客がいないのは酸素がないようなものだ。 

・成果をはかりつつすばやく動く 

・実験、失敗をしなくなったら会社は終わり 

・古臭い企業は大掛かりなことをしたがる。先進企業は実験をすばやく繰り返す 

・アントレプレナーシップ部門 
 社内スタートアップの監督 実験型プロジェクト 

・成功した時の道筋作り 

・アイデアや戦略の前に人。アイデアや戦略は変わる。変わった時に成功できるのかを見るべき。 

・どの実験が成功するかなんて事前には予測できない
 実験をすばやく繰り返すプロセスを実践するなら失敗して罰される環境はご法度
 

シュート数を増やすしかない 

・人となるべく違うことをする。どうすればうまくいき、うまくいかないかを注意深く見る。勝ち馬に乗れたら倍賭けする 

ビジョンは必要不可欠 

・心がふるえるようなビジョン 

・道を踏み外さないガイド 

・顧客が抱える問題を解決しようとしていないものはダメ 

・突き進み、ピボットする 

創業期。普通の組織では考えられない新しい責任を担うチャンスがある 

 

ビジョン 

 

仮説                ← 

                     ↑フィードバックループ 

MVP                ↑Feedback Loop 

↓                     ↑ 

検証による学び→ 


・ピボットするか考える
 

 ・何を望むか尋ねてはいけない。望みを観察できる実験を用意しなければいけない 

 ・長い時間をかけてウォーターフォールし、ニーズ未確認の顧客に当てるのは危険 

・開発が進みすぎる前に仮説をはっきりさせる 

 ただ、やりすぎはよくない 近い将来のノックアウトファクターに絞る 

 ・価値仮説 心から喜んでもらえるかを検証 


→継続、マネタイズ
 

 

成長仮説 顧客が増えていくかを検証 

→横展 

 

・最終的に最高のサービスを作り上げるためすべてを一度に実現しようとしない 

・細かなリリースを繰り返して少しずつ学んでいきたい 

・新しいものを出し続ける 
・ビジョンを現実とするには戦略が必要。戦略は保つべき理由はない。 

・6週間ごとにピボットの判定会議 

イノベーションと大企業の融合はスタートアップでも従来型企業でもできない 
・スタートアップは大企業化するし、大企業はスタートアップを目指そうとする 







にほんブログ村 企業ブログ 医療・福祉業へ
にほんブログ村      日記ブログランキング