コンパニオン診断(Companion diagnostics; CoDxもしくはCDx)とは、医薬品の効果や副作用を投薬前に予測するために行なわれる臨床検査のこと。薬剤に対する患者個人の反応性を治療前に検査することで、個別化医療(もしくはオーダーメイド医療)を推進するために用いられ、通常の臨床検査とは区別される。(Wikipediaより)

2011年7月にFDAがドラフトガイダンスを発表し、日本でも、2013年7月1日に厚生労働省より通知されています。

患者一人一人の違いに着目した個別化医療の取り組みの一つと言えます。
このように患者一人一人のタイプを検査するための診断薬をコンパニオン診断薬と呼びます。



   日記ブログランキング